【中学受験】勉強中の子供がイライラしている時の声かけ方法

勉強中に子供がイライラすることは、ありませんか? 

中学受験の問題は、親が見ても難しい問題が多いですよね。

それを小学生が解くのですから、子供も大変。

難しい問題がなかなか解けない時や、

頑張って解いた問題が間違っていた時、

『ムキー!』っと怒り出すお子さん、いると思います。

 

我が家の長男も、

「こんな問題、解けるかよ!」

「売買損益のバカヤロ〜!」

と吠えていました。

 

親子のバトルに発展するのが、一番無駄な時間

以前は、子供のイライラが私にも伝染し

「イライラしていたら、できる問題もミスするよ!」

「解けるようになったら、イライラしなくなるから、落ち着いてやって!」

とガミガミ怒っていました。

 

でも、「そんなことは分かっているけど、イライラしちゃうんだよ〜。」

「難しい問題は、イヤだよ〜。」

というのが、子供の気持ちですよね。

 

親子ともに余裕がないので、

子供「うるせ〜な〜」

親「怒っている暇があったら、勉強しなさ〜い!」

とバトルになることも^^;

 

イライラしている子供が「頑張ろう! 」と思える声かけを心掛けています。

子供がイライラして、勉強を投げ出したり、

そんな子供を見て、親がガミガミ怒ってバトルになったりする時間が、

子供の受験勉強にとって、一番の無駄な時間!

 

それに気づいてからは、

子供が頑張ろう!と思える声かけを心掛けています。

 

「この問題がスラスラ解けるようになったら、また頭がよくなっちゃうね〜(^o^)」

「応用問題よりも、まずは基本問題だけでも頑張ってみない?」

 

生物の暗記などは

「○○って、こう言うことだったんだ。お母さんも知らなかった。面白いね。」

 

中学受験の勉強をしている子供は、本当に大変。

お子さんがイライラすることも多いと思います。

問題を間違えると、自己肯定感はどんどん下がってしまいます。

 

ついつい、「頑張れ!頑張れ!」と言いたくなりますが、

子供にして見たら「十分、頑張っているのに〜(>_<)」と言う気持ちになるかも。

 

子供のイライラを受け入れて、頑張ろう!と思える声掛けを心掛けてみませんか?

 

関連記事

初めての中学受験・イライラママが笑顔で子供をサポートできる個人セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください