【中学受験】ゲームやテレビの誘惑に負けてしまった(^^;;

ワーキングマザーと中学受験生の理想の状態

中学受験生のママの中には、お仕事をしているママも多いと思います。

夕方、仕事から帰ってきたとき、

子供が集中して勉強してくれていたら…

その日のやるべきことを、7割くらい終わらせてくれていたら…

理想の状態ですよね。

 

現実は、母親が見張っていないとゲームやテレビ三昧

私はフリーランスで働いているので、

毎日ではありませんが、

次男が学校から帰宅する時に留守にしていることがあります。

そんな日は、

学校から帰ってきたら何時から何の勉強をするか、

次男と私で計画を立てます。

 

先日、2日連続で、留守にする日がありました。

1日目は、次男が学校から帰ってきて、

おやつを食べた後にゲームを始めたらやめられなくなりました。

普段は、私が、

「そろそろゲームを終わらせる時間だよ」

「勉強を始める時間だよ」

などと声をかけているのですが、

声をかける人がいないと、

自分ではやめられなかったみたいです(^^;;

(まだ、小学生ですからね。)

 

本人も、猛省していて

「僕は、自分ではゲームをやめられないから、

明日はDSもiPadも隠しておいて!」

と言うので、私が預かることにしました。

 

そして、2日目。

学校から帰って休憩している時、

ゲームがないので、うっかりテレビをつけたら、

ついつい観てしまったそう( ̄▽ ̄;)

(その日は、午前授業だったので、

ワイドショーやドラマの再放送とか、

見始めちゃったんだろうと思います。)

さすがに、2日目は怒りました。

 

ただ、ガミガミ言わないように

人格を否定しないように

今後、どうしたらいいか、

お母さんは、どう応援したらいいか

を、言葉を選んで。

 

失敗を責めるのではなく、これからどうするかを考える。

「昨日はゲームで、今日はテレビ?」

「やる気あるの?」

「昨日、反省したばかりなのに、今日も勉強をしなかったの?」

と、失敗したことを責めてしまいそうになりましたが、

子供を責めても、いい結果に繋がらないことは重々承知してます。

 

たった11歳ですからね、誰も見ていなかったら、

テレビを見たり、ゲームをしたり、

やめられない気持ちも分かります。

大人の私だって、誘惑に負けるときはありまし。

 

だから、

「誰も見てなかったら、ついつい遊んじゃう気持ちはお母さんもわかるよ〜」

「最近は、大人も携帯でゲームをしている人が多いけど、

電車の中だけとか、会社に着くまでとか、終わりが決まっているからやめられるんだと思うよ。

そうじゃなかったら、ずっとゲームしてる人もいると思う。」

と、共感すると、

「大人だってやめられないんだ」

とわかりホッとした様子でした。

 

その後は、

今後、どうなっていたいか

そのためには、今、何をするのか

親子で考えました。

 

小学5年の次男にとっては、まだまだ先に思える受験本番。

でも、今、どう過ごすかがとても重要なことだと理解してもらえました。

 

毎日、やるべきことが完璧に終わるような理想の毎日ではありませんが、

息子なりに「今日は頑張った〜!」と思えるような過ごし方ができるようになってきたと思います。

 

毎日、お子さんの受験サポートをしていると、

できなかったことばかりが気になり、

ガミガミ怒りたくなりますよね。

 

でもガミガミ怒っているお母さんが

中学受験の一番の邪魔になっていますよ!

笑顔で応援していきましょ。

 

関連記事

初めての中学受験・イライラママが笑顔で子供をサポートできる個人セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください