鉛筆削りは手動?or 電動?

鉛筆削りを買おうと思った時、手動にするか電動にするか、迷っていませんか?

お子さんが小学生になる時、学用品を買い揃えますよね。

その中でも、必ず必要なのが、鉛筆削り

幼稚園や保育園の頃は、

お絵かきで使う色鉛筆くらいしか削らないので、

鉛筆の方をくるくる回して削る簡単なタイプでも間に合うかもしれません。

 

でも、小学生になったら、学校での授業でも使うし、宿題もあるので、卓上の鉛筆削りが必要です。

購入の際、手動にするか、電動にするか、迷っていませんか?

 

実は、我が家は、長男の入学の際に手動の鉛筆削りを購入しましたが、その後、電動に買い換えたのです。

なぜ、買い換えたのか、我が家の鉛筆削り事情について書きたいと思います。

 

長男の入学時に買ったのは手動の鉛筆削り

なぜ、手動にしたのか…

それは、先輩ママに調査し、

「電動だと面白がって削ってしまい、どんどん鉛筆が短くなってしまうよ。」

と聞いたからです。

 

また、我が家には幼稚園児の弟もいましたから、鉛筆以外のものを入れて、故障させてしまう可能性もあったので、手動にしたのです。

1年生の頃は、鉛筆を使う本数も少なく、手動でも問題ありませんでした。

 

長男は、鉛筆を削る時のゴリゴリした感触を楽しんでいる様子でした。

ものすごく短い鉛筆を削って、

詰まらせてしまったこともありましたが、

最近の手動の鉛筆削りは、

反対回りにハンドルを回すと鉛筆が出てくるものも多く、

壊れることはありませんでした。

 

特に、壊れていなかったので、ずっと手動の鉛筆削りを使っていたのですが…

長男4年生、次男2年生の時に、電動の鉛筆削りに買い換えました。

 

買い換えの理由は、ライフスタイルの変化と文字を書く量の増加。

きっかけは、次男が小学校2年生の時の担任の先生のお話でした。

 

「朝一番の、1時間目の授業の時から、丸い鉛筆を使っているお子さんがいます。

筆箱を見ると、全ての鉛筆が丸いままです。鉛筆は、お家で削って来てください。」

 

当たり前のことですが、心当たりがあって、ドキッとしました。

そういえば、子供達が自ら進んで鉛筆を削っているのを見たことがないかも…

家でも丸くなった鉛筆を使って漢字練習をしていて、

「そんな丸い鉛筆だと、良い字が書けないよ。」と言われてシブシブ削る…

「同じことを何度も言わせないで!」と怒ったこともあったな〜。

 

そう思いながら家に帰り、子供達の様子を観察してみました。

 

まずは4年生の長男。

高学年になると、低学年の漢字よりも画数が多いものが増え、習う漢字の量も増えます。

 

学習指導要領では、

1年生が80字(最初はひらがな、カタカナを習うので少ないのでしょう)

2年生が160字(2年生になった途端、画数の多い漢字が増えたように思います)

3年生と4年生は200字、

5年生と6年生は約180字。

 

また、高学年になると、家庭学習の時間が増え、1日に文字を書く量がグンと増えます。

つまり、削らなくてはいけない鉛筆の量は増えているのに、削る時間がない状態。

 

次に2年生の次男。

長男が2年生の時と大きく違うのが、学童に行っていること。

夕方まで学童に行き、帰宅後、宿題を終わらせるころには疲労困憊。

次男は活発な方なので、日中は元気に走り回り、夜は早めに電池切れになるタイプです。

翌日の時間割をするころには疲れ果てて、ゴリゴリ鉛筆を削るパワーが残っていない…

 

しかも、次男は学校にある電動の鉛筆削りが気に入っていて、

「お母さ〜ん、学校の鉛筆削りの方が、先が尖るから、うちも電動の鉛筆削りが欲しい〜」と随分前から言われていたのでした。

子供に「買って〜」と頼まれたら、すぐに何でも買い与えている訳ではありませんが、今回は、長男の入学の時から状況が変化していると判断。

新しく、電動の鉛筆削りを購入しました。

 

電動の鉛筆削り、どこに置く?

「電動」なので、もちろんコンセントの近くに置かなくてはいけません。

手動と違い、置いた場所から移動はできません。

 

我が家は、ダイニングテーブルで勉強するので、勉強場所にも近く、あまり目立たないところ、ということで、キッチンカウンターの隅っこに置いています。

カウンターに馴染むように白を選んだのですが…

コンセントの黒が目立ちすぎ(>_<)

*ケーブルを隠した技(というほどでもないのですが…)は、こちらの記事で。

家電のケーブルを目立たなくするのにIKEAの○○が便利!

 

これは、我が家の電動と手動の削り具合の違い。

あまり変わらないように思いますが、子供にとっては大きな違いらしいです。

 

どちらの鉛筆削りを購入するか、

お子さんとの暮らしをイメージして、決めてくださいね。

鉛筆削りを手動にしようか、電動にしようか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください