【プリント整理】保育園・幼稚園・小学校のママに知ってほしいプリント整理のコツ

プリントの種類は、全部で5つ!5種類の保存方法をマスターすれば「行方不明」が無くなります。

いよいよ新学期が始まりました。

新しく入園、入学するお子さん、

おめでとうございます。

 

お子さんも、ママも、

新しい環境にドキドキしますよね。

 

また、入園式、入学式でもらった

プリントの多さに

驚いているママも

多いのではないでしょうか?

 

実は、「プリント」と一言で言っても

種類が異なり、

保存方法も異なります。

 

今回は、私の経験から

プリントを5つの種類に分類し

それぞれの整理方法をお伝えします。

 

その5種類とは、下記の通りです。

(もし、当てはまらない物があれば、近いものを参考にして下さいね)

 

・1年に1度、提出するプリント

・もらって帰ってきたら、期限までに記入して提出するプリント

・行事のお知らせ

・毎月のお知らせ

・年間、または、在園・在学中に保存するプリント

 

新学期、1年に1度提出するプリントは、来年のためにデータ保存しましょう。

毎年4月は、

記入して提出するプリントが多く

大変かと思います。

 

例えば、子供の小学校では

毎年4月、

「緊急時に子供を引き取りにくる人のリスト」

を書いて提出します。

 

このリストに掲載されていなければ、

親戚でも、友人でも、

連れて帰ることはできないことになっています。

 

引き取り人の氏名や連絡先を記入するのですが、

住所や電話番号を一人一人調べなくてもいいように、

私は、昨年書いたものを画像に残して

Evernoteというアプリに保存しています。

 

初めての年は、

頑張って記入するとして、

来年からは楽できるように

提出する前に

データで保存するか

コピーして残しておくことを

お勧めします。

 

記入して子供に持たせるプリントは、「なる早」で対応。保存はせずに出しっ放し!

この時期、毎年ドキドキする

PTAの役員決め関係のプリントだったり、

保健関係のプリントだったり、

子供が持ち帰ったら、親が記入して、

期限までに提出する必要があるプリント類。

 

「あとで書こう」としまい込むと、

スッカリ忘れてしまう私は、

「即日対応」を心掛けています。

 

つまり、

「その場で書いて、子供に渡す」

ようにしています。

 

でも、夕飯を作っている最中だとか、

書くのに時間が掛かりそうだとか、

すぐにできない場合は、

しまい込むと忘れるので、

基本、出しっ放しです!

 

提出日が少し先の場合は、

「必ず、毎日見る場所」に置きます。

 

例えば、私の場合は、

PCは必ず毎日立ち上げるので

MacBook Airの上に置くようにしています。

 

パッと見たい情報は、扉の裏などに貼り付けて保存。

運動会のお知らせや

遠足のお知らせなど、

行事のお知らせは

集合時間、持ち物などが書いてあります。

 

ファイルなどにしまい込むと

パッと見られず不便なので

我が家では、

ダイニングの棚の裏側に貼っています。

 

行事のプリントが複数ある場合は、

日にちが新しいものが上になるように

重ねて貼っています。

 

そして、その行事が終わったら

剥がして処分!

 

プリント整理の一番大切なことは、

「不要になったら処分しやすいこと!」

 

古い情報と、必要な情報が混在すると

「あれ〜?あのプリント、どこにあるの?」

と困ることになります。

 

行事が終わったら、

すぐに処分できるように

しまい込まないことがポイントです。

 

また、我が家では、

給食の献立表も扉の裏側に貼っています。

 

私は、あまり確認しませんが、

子供が「明日の給食、何かな〜」と

見たいようなので、

子供が見やすい場所に貼っています。

 

月が替わって、新しい献立表をもらったら

差し替えるようにしています。

 

毎月の学年便りなど、短期間の保存はクリアホルダーがお勧め。

毎月の予定が書いてある学年便りなど、

1ヶ月ごとにもらってくる手紙は

クリアホルダーに入れて、

ダイニングにある書類スペースの

子供毎のファイルボックスに入れています。

 

しばらく保管して、

時期が過ぎたら処分するようなプリント類も

こちらのクリアホルダー。

 

クリアホルダーは、

沢山のプリントを入れると

探しにくくなりますので

ここに入れるプリントは厳選します。

(長期保存は別途。下記参照。)

 

私は、短期保存のプリントに限定。

月の学年便りは、

次の月のお便りが届いたら

古いものは処分します。

 

また、学年便りは、

子供の下校時間が書いてあるので、

外出先でも確認できるよう

画像を撮ってEvernoteにも保存しています。

 

1年間・6年間保存のプリントは、クリアファイルがお勧め。

1年間の予定表は、

もらってきたら、

始業式、終業式、

土曜授業日、

給食がない日、

運動会、宿泊行事など、

子供の予定を

携帯電話のスケジュールアプリ

入力します。

 

入力漏れがあるといけないので

画像を撮って、Evernoteにも保存します。

 

それが終わると、

紙でもらった予定表は

ほとんど見る必要はありません。

 

ただ、処分するのも心配なので

1年間、クリアファイルに入れて保管します。

 

クリアファイルは、

長期保存の書類にはお勧めです。

 

ただ、出し入れしにくいので、

短期保存には向いていません。

古い情報も入りっぱなしになりがちです。

 

「台風や地震の際の対応について」

「防災・防犯マニュアル」

「出席停止の病気と対応方法」など

1年間保存するもの、

6年間保存するもの、

子供の体力測定の結果など

頻繁に見る必要は無いけれど

残しておきたい書類は、

クリアファイルに保管しています。

 

いかがでしたか?

プリント整理と言っても

種類によって

保存期間や保管方法が異なります。

参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です