子供の中学受験でストレス太りをした40代の母親が、あと5キロ痩せるために頑張っていること。

子供が6年生の秋頃から、我慢することを止めました。

6年生の秋…

夏休みも終わり、

いよいよ2月の受験本番まで

カウントダウンが始まります。

 

と思っているのは、親だけ。

 

子供は、相変わらずのんびりして

全く危機感がありません。

 

おまけに、

 

反抗期も始まっていて

全く言うことを聞かず…

 

私にとっても、

「子供の中学受験」は

初めてだったので、

焦りや不安でいっぱい。

かなりストレスが溜まっていました。

 

そのため、子供が6年生の秋から

「子供の受験以外のことで

我慢することは止めよう」

と思いました。

 

まずは、

「夕飯以降は、何も食べない」

と言う、今までの習慣を止めました。

 

子供が寝た後、

「ふ~っ」と一息ついて

お菓子をボリボリ。

 

普段は食べていなかった

スナック菓子や

チョコレートを食べたり、

自分用にこっそりプリンを買って

冷蔵庫に隠しておいたり。

「今は、大変な時期だから、

自分に甘くても良いよね。」

と言い聞かせ…

 

そんな生活を送っていたら

大変なことになりました。

 

40代になると、ちょっとダイエットしたくらいでは、全然痩せません。

子供の受験が終わり

疲労も回復してきて、

久々に体重計に乗ってみたら…

 

なんと!

妊娠期間を除いて、

自分史上、最高体重を更新していました。

 

ベスト体重から約5キロ増(>_<)

(おそらく、秋よりも前から

ジワジワ太っていたのだと思います。

怖くて、体重計に乗っていなかったので。)

 

「これは、マズイ!」と

ダイエットを決意するも、

子供の受験が終わった時期は、

・卒業祝い

・入学祝い

・お友達とのお疲れ様ランチ

・今まで行かれなかった会合への参加

などなど、食べる機会が多く…

 

それでも、家での食事は気を付けました。

まずは低糖質の野菜から食べることを意識したり

夕飯以降は食べないように気を付けたり

食事量も腹8分目にしたり。

 

今までも、

「ちょっと食べ過ぎたな〜」

と思った時は、

この3つを意識するだけで

元の体重に戻っていました。

 

ですが、40代女性は、そんなに簡単に痩せませ〜ん!

 

40代になると、

基礎代謝が落ちてきたり

ホルモンのバランスが乱れたり

痩せにくい身体になります。

 

30代の頃と

同じ物、同じ量を食べていると

太ります。

 

ちょっと、気を付けたくらいでは

痩せません!

 

食事制限だけでは痩せないので、筋トレも取り入れることにしました。

かつて流行っていた

「ゆで卵ダイエット」や

「バナナダイエット」は

さすがに栄養バランスが悪いので

やってみようとは思いませんでしたが、

「腹8分目で、夕飯以降食べない」

だけでは、全く痩せる気配はなかったので

筋トレもやらないといけないな〜

と思い、自宅で筋トレを始めることに。

 

最近、話題のダイエット本や

ダイエットに成功した友人から

「2日に1回筋トレすれはOK!」

「筋トレは、週に2回でいい」

と聞いて、

その程度で良いのね、と

取り入れていました。

 

みるみる引き締まって

理想の体型に戻ったか…

というと、

子供の受験が終わり1年経った今も

体重は、全く戻ってません(T ^ T)

それは、自分に甘い私の弱さが原因です。

 

「無理せず、ゆっくりダイエット」は私には向いていませんでした。

「40代のダイエット」というと

・頑張らないダイエット

・運動しなくても痩せる

・無理せずダイエット

というキーワードをあげる方が多いのですが

私には向いていませんでした。

 

「筋トレは週に2回で良い」

と思っていると、

「月曜日に筋トレしたから、次は木曜日にやろう」

と予定を立てます。

 

でも、

「バタバタしていて、木曜日の筋トレ、忘れちゃった!」

ということになり、

「じゃ、金曜日に筋トレしよう」

と考えるものの

「朝から仕事で、筋トレできなかった!」

ということになり、

「家に帰ってから筋トレしよう」

と、誓いを立てたはずが、

仕事を終えて家に帰ると

「わ〜、うっかりお酒飲んじゃった!」

ということになります(^^;;

 

私の場合、

週2回、筋トレするつもりでも、

日々の生活に追われていると

週1回になったり

2週間に1回になったり…

 

そして、

「週2回の筋トレができなかった」

という罪悪感は残るので、

全くダイエットをしていないのに

ダイエットのストレスが溜まる

という悪循環…

 

子供の受験が終わって1年間、

あーでもない、こうでもないと

試行錯誤した結果、

「無理せずダイエット」とか

「楽ちんダイエット」ではなく

「(気持ちは)ガッツリ頑張るダイエット!!」

が、私には向いていると分かりました。

 

週2回、筋トレするのではなく、

毎日筋トレするつもりで!

 

そうです。

大切なのは、「つもり」

 

週2回の筋トレだと

「昨日、筋トレしたから、今日はお休み」

となりますよね。

 

でも、先ほど書いたように

実際にやるべき日に

筋トレができない日もあります。

 

だから、できる日は

毎日筋トレをするつもり

 

忙しくて筋トレができない日もあるので

最低でも週2回は筋トレすればOK!

という気持ちでいると

罪悪感はありません。

 

そう気持ちを切り替えて

1ヶ月ほどですが

楽しく筋トレを続けられています。

 

目標はマイナス5キロ。でも、大切なのは「痩せる」のではなく「ひき締める」こと。

現在、ベストだと思っている体重よりも5キロ重い私。

一応、目標はマイナス5キロですが、

体重の増減に一喜一憂しないことにしています。

 

体重も、毎日計っていません。

 

単に、体重だけで判断すると

脂肪ではなく

筋肉が減っている場合もあるからです。

 

大切なのは、筋肉はそのままで

脂肪を減らすこと。

 

筋トレをして筋肉が付いてくると

体重はあまり減らないかもしれません。

でも、見た目がひき締まってきます。

 

体重の変化ではなく、見た目の変化が大事。

 

ダイエットが目的ではありません。「理想の体型になった後、何がしたいか」を考えています。

「ダイエットをする」

「痩せる」

ということが目的になっている方も

多いと思います。

 

ただ、それでは長続きしないし、

マイナス○キロという目標に達すると

ダイエットをやめて

リバウンドする人もいるのではないでしょうか。

 

私の場合、

ダイエットの目的の1つ目は、

着たい服を着ることです。

 

今、持っている服も、

もう少し体が引き締まったら

シルエットが綺麗なのにな…

と思っています。

理想の体型になったら

自信を持って着られるでしょう。

 

今は、体型に自信がなくて

着られないデザインの服も

買いに行きたいと思います。

 

他にも、

「身体が引き締まったら、○○をしようね。」

と、友人と約束しています。

 

ダイエットの目的2つ目は

食べたいものを好きなだけ食べたい!です。

 

40代になって基礎代謝が減り、

以前と同じものを同じ量食べていたら

太るようになりました。

 

食いしん坊なので

食べることは我慢したくない!

だったら基礎代謝をあげよう!

と思ったのです。

 

筋トレをして

基礎代謝をあげ、

美味しいものを罪悪感なく食べたい!

 

「理想の体型になったら、何をするか」

を決めることが、

ダイエットを継続させるために

大切なことです。

 

母親の頑張っている姿を見れば、子供も受験勉強を頑張るかも?

長男の受験は昨年終わりましたが

今年は次男が6年生に。

 

母親が、目標を持って、

筋トレを頑張っている姿を

子供に見せたいと思います。

 

以前、ゆるっとダイエットをしていた時、

次男に

「お母さんは、痩せたいわりには

食事制限はしないよね。」

と痛いところを突かれたので(^_^;)

今度は、私の本気を見せます!

 

「お母さんも、

お仕事や筋トレを頑張るから

あなたも受験勉強を頑張ろう!」

と誘ったら、子供もやる気になるかも?

 

次男の受験で、

またストレス太りをしないために

まずは長男の受験の際に付いた

余分なお肉をリセットします。

 

そして以前より引き締まった

理想の体型を手に入れる予定です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.