【中学受験】受験直前、親が焦ったらやること。

子供以上に親が焦り出します。

いよいよ受験が近づいてきたら、

各校のホームページで

出願状況などが発表される学校もあります。

 

それが例年通りだったとしても

「わぁ、今年もこんなに出願してるんだ。」

と焦ることもあるでしょう。

 

今まで、子供には

「大丈夫、大丈夫」と言って

応援してきたのに、

急に親の方が

不安に襲われることもあるでしょう。

 

「子供に親の不安な気持ちが伝わってはいけない」

と分かってはいるものの、

今まで一生懸命応援してきたからこそ、

不安になったり

焦ったりしますよね。

 

不安に襲われたら、掃除をしよう。

何もしていないと

いつの間にか

子供の受験のことを考えてしまいます。

 

そんな時は、

ひたすら磨く

ひたすら拭くことを

オススメします。

 

私は、ネガティブなことを考えそうになったら

突如、換気扇の掃除を始めたり、

家中の蛇口を磨いたり、

窓拭きを始めたり、

鏡面仕上げの扉を拭いたり。

 

一番、無心になれたのは

お風呂や蛇口のカルキ汚れ落とし。

クエン酸を水で薄めた液体を

シュッシュとスプレーし

汚れが浮いてきたところで

ヘラでカリカリ取っていると

他のことを何も考えずに済みました。

 

明るい音楽をかけて歌いながらすると

沈みがちな気持ちも

明るくなってきます。

 

今まで頑張ってきたことを思い出す。

「うちの子供、合格できるかな。」

「全落ちだったら、どうしよう。」

と不安になったら、

今まで、親子で頑張ってきたことを思い出してみましょう。

 

そうすると、

「大丈夫、やれるだけのことはやった。」

「こんなに頑張ってきたから、できる!」

と思えるようになってきます。

 

思い出す時のオススメのBGMは

ゆずの「栄光の架橋」

 

誰にも 言えない 泪があった

人知れず 流した 泪があった

 

もう、歌い出しから号泣です。

 

この曲は、長男の受験の時

塾の壮行会で流れ

ほとんどの親が泣きました。

 

今までの子供の頑張りを思い出し

泣いてスッキリ。

 

よし、大丈夫!という気持ちになれました。

泣くともっと落ち込みそうな方には、

この曲はオススメしませんが、

泣いてスッキリしたい方にはオススメです。

 

「終わったら、何しよう?」と考えてみる。

 

いよいよ受験本番が近づいて来ましたね!

今まで、お子さんの受験を中心に

生活が回っていたお母さんも多いでしょう。

 

沢山、我慢していたこともあるでしょう。

 

ここまで来たら

「終わったら何しよう?」

と、楽しいことを考えると

緊張しがちな心が

ほぐれていきますよ。

 

やるだけのことは、やりました!

あとは、ぐっすり寝て、受験本番を迎えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です