家電のケーブルを目立たなくするのにIKEAの○○が便利!

インテリアにこだわっても、意外と目立つのがコンセントのケーブル

長男が小学校に入学した時には手動の鉛筆削りを使っていましたが、

電動に買い替えたのが数年前。

その時の経緯は、こちらの記事を。

鉛筆削りは手動?or 電動?

 

子供達はリビングで勉強しているので、

リビングに電動鉛筆削りを置きたかったのです。

コンセントの近くで、邪魔にならない場所、と考え、

キッチンカウンターのリビング側に置くことにしました。

 

カウンターは白なので、白い鉛筆削りを選びましたが、

想定していなかったのが、コンセントのケーブル。

 

真っ黒が目立って、残念です(>_<)

これ以来、商品そのもののデザインや機能だけでなく、

ケーブルが白いかどうかも選ぶ基準になっています。

でも、すでに持っているものや、他に選択肢がない場合もあり…

 

そんな、ごちゃごちゃしているケーブルを家にあったボックスで目隠ししたら、大成功!

 

イケアのVARIERA(ヴァリエラ)シリーズのボックスが便利です。

ケーブルを隠したい!と思って、ネットで検索したところ、

ケーブルボックスとして専用で売っているものは、

値段が高かったり、

大きすぎたり、

白がなかったり。

 

私の思うようなものが見つかりませんでした。

 

また、反対側はキッチン。

電話の子機や、電気ポットのケーブルなどもあり、そのままだとごちゃごちゃ。

 

そこで、もともと家にあったイケアのヴァリエラのボックスを裏返して置いてみたら、スッキリ!

 

持ち手の部分から、鉛筆削りのケーブルを入れています。

このヴァリエラの良いところは、側面の一つが凹んでいること。

そこから、電源タップを入れて、このボックスの中で差し込めるようにしています。

 

長さが余っているケーブルも、このヴァリエラの中に入れてしまえば、スッキリです。

 

こちらの記事も読まれています。

毎日飲む薬は、出しっ放し派

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください