クイジナート・ミル付き全自動コーヒーメーカーのお勧めポイント3つ

コーヒーメーカーに求める機能、優先順位は人それぞれ

カプセル式で、1杯ずつ色々なフレーバーのコーヒーが飲みたい人。

手軽に飲めればいいから、価格が手頃なもの、という人。

出しっ放しだから、デザインがお洒落なものがいいという人。

毎朝、ミルで豆を挽いて自分で淹れたいから、コーヒーメーカーが必要ない人。

 

それぞれ、好みがありますよね。

私がコーヒーメーカーに求める機能は3つ。

それが揃っているのが、クイジナートのコーヒーメーカーでした。

 

全自動のミル付きだと、手軽に挽きたての豆で美味しいコーヒーが飲めます。

コーヒーに特別なこだわりはありませんが、

やっぱり挽きたての豆で淹れると美味しいと思います。

コーヒーは豆のまま購入し、

毎朝、飲む分だけ挽いて抽出まで全自動でできるコーヒーメーカーが希望。

 

コーヒーメーカーとミルが別々だと、

ミルからフィルター部分に挽いた豆を入れる際、こぼれて掃除が面倒。

全自動がお勧めです。

 

ポットがステンレスだと丈夫で、コーヒーが煮詰まる心配も無し。

一番最初に買ったコーヒーメーカーは、日本のメーカーの全自動タイプでした。

気に入って使っていたのですが、数年経った頃、うっかりガラス製のポットを落として割ってしまいました。

ポットだけ取り寄せることもできましたが、それでも数千円かかります。

もう、何年も使っていたので、その機会に新しいコーヒーメーカーに買い換えました。

 

その時に購入したのが、我が家の初代クイジナートのコーヒーメーカー。

ポットがステンレスなので、落としても割れる心配はありません。

保温効果もあるので、ヒーターで温める必要がなく、煮詰まる心配もありません。

煮詰まったコーヒーは、美味しくないですからね。

(コーヒーが冷めたら電子レンジで温めて飲む、という方がいて、かなり衝撃を受けました。そんな斬新な方法もあるのですね〜。)

 

来客の時も安心な、たっぷりの量が淹れられる。

私は朝からたっぷりコーヒーを飲みたいので、少なくとも4カップ分は私用に淹れます。

出かけるときは、水筒に入れて持っていくこともあるので、6〜8カップ淹れることも。

来客の時も人数分、一度に12人分のコーヒーを淹れることができるクイジナートは大活躍です。

 

豆を挽く音がうるさいと感じる方もいるかと思いますが、

豆を挽いている時間が最初の数秒。

ミルはどんなものでもうるさいですしね。私は全く気になりません。

 

ただ、日本のメーカーの物に比べ、大きめサイズです。

我が家の場合は、以前もクイジナートのコーヒーメーカーを使っていたので、同じ場所に置きましたが、

国産メーカーから買い替える場合は、まずは、置くスペースをご確認くださいね。

 

こちらの記事も読まれています。

片づけ収納ドットコムに掲載された記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.